最新のリコー複合機!使い勝手の良さが高評価

最新のリコー複合機!使い勝手の良さが高評価

複合機といえばもはや、オフィスの必需品ともいえるのではないでしょうか。
オフィスシーンでは欠かすことができない、コピーやファックス、プリンターの役割を同時に果たすことができる優れものです。

複合機の製品開発を手掛けるのがリコー。キャノンや富士ゼロックスなどとともに、オフィス機器設備の最先端を牽引してきました。
大企業はもとより、中小企業にも好んで利用されています。進化する複合機の詳細を見てみましょう。

1.省エネルギー社会にも配慮

省エネルギー社会にも配慮
リコーの複合機といえば、その高性能さには定評があります。そもそもリコーといえば、日本を代表する企業の一つとして有名です。既に確固たる地位を確立している企業といっても過言ではありません。その活躍のフィールドは日本にとどまることなく、既に世界中に知れ渡っています。

リコーがここまでの成長を果たしてきたのも、常に顧客に最高のサービスを提供したいという思いからであったことは間違いないといえるでしょう。キャノンや富士ゼロックスなどといったライバル企業にも決して負けないソリューションを開発し続けてきたのも事実です。

リコーの企業としての知名度を一気に押し上げることにもなったのが、複合機での躍進ともいえるのではないでしょうか。「リコー製品であれば間違いない」というイメージを植え付けることにも成功してきました。

リコーの複合機の良さといえば、なんといっても生産性の高さが挙げられます。他のメーカーの追随を決して許さないともいわれるほどに突出しています。

A3カラーの複合機と同じカラー技術と低融点トナーを採用することで、スリープモードからの復帰時間の大幅な短縮を実現しました。加えて、消費電力量の削減にも成功したのです。最新鋭の機器では、コピーするのにかかる時間の大幅な短縮にも成功。

カラーコピーとモノクロの両方で、1分当たりにつき30枚という驚異的なスピードを達成したのです。スピードを求められることが多いオフィス環境においては、欠かせない存在として受け入れられるようになりました。

従前の複合機のイメージとして、「スタートするまでの時間が長い」という不満を持っている人も多かったのではないでしょうか。リコーでは、そのようなビジネスマンたちの不満を解消させることにも成功。スリープからの高速復帰やファーストコピータイムの短縮の実現にも成功しました。

2.誰もが簡単に使いこなせる

誰もが簡単に使いこなせる
リコーの複合機が多くの企業に支持されるのは、そのボディのコンパクトさにも起因しているといえるでしょう。日本のオフィス環境に合わせての製品開発が奏功したといえるのかもしれません。

リコーの複合機を採用する企業は、実に多岐にわたることでも知られています。日本を代表するような大企業はもとより、中小企業やベンチャー企業、スタートアップ企業などにも及んでおり、いかに利用する企業の目線に立っての製品開発をしていることがわかります。

リコーの強みともいえるのが、画像処理技術に長けている点です。日頃、何気なくコピーをしている人にとっては、そこにまで目を向ける必要性はないかもしれませんが、いかにして画像をハイスピードで且つ正確に処理することができるかが、重要といえます。

文字はもとより、画像やイラスト、グラフィックに至るまでの全てをキレイにうつし出します。特筆すべきは、その費用のリーズナブルさです。画像処理技術の飛躍的な向上により、従前に比べて大幅にコストパフォーマンスが向上したのです

複合機の果たす役割には、ファックスやコピー、プリンターなどが挙げられます。「大量のコピー中にファックスが届いたらまぎれてしまうのでは?」と心配する利用者も多いのではないでしょうか。

リコーの複合機の最新機種は、トレイを分けることで、そのような事態が起こることがないようにしています。また、利用時の「紙詰まり」を心配する人も多いかもしれません。たくさんの枚数をコピーしなくてはならない時などにはイライラの原因にもなってしまいます。

とりわけ、機械があまり得意でない人が使う場合、あたふたしてしまうことにもなりかねません。このような紙詰まりの際やトナー交換の際には、アニメーションなどでわかりやすく説明してくれます。オフィスで活動する全ての人にとっての使いやすさを追及した製品です。

3.まとめ

最新の複合機といえば、その使い勝手の良さもさることながら、環境保護や省エネルギー社会への貢献などという点にも配慮が行き届いていることが求められます。リコーでは、求められる社会のニーズにも的確に応えるための努力を続けてきました。

ただ単に、文字がキレイにコピーされれば良いというレベル感ではなく、より効率良くリーズナブルなサービス提供ができるための模索を続けています。紙詰まりやトナー交換なども容易に対処できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です