複合機の最新機種にはどういったものがあるの?その機能は?

複合機の最新機種にはどういったものがあるの?その機能は?

複合機はコピー、FAX、印刷の全てを一台で済ませられるとして現在広く普及しています。非常に高価なものですが、その分機能性が良いとしてとても人気です。導入しているというオフィスも多いのではないでしょうか。

そんな何でも出来る複合機ですが、長年使用していると劣化してしまい業務効率低下にもつながりかねません。効率良く快適な業務のためには定期的に新しいものに取り換える必要があるのです。では、現在販売されている複合機の最新機種を見てみましょう。

目次

1.キャノンの最新機種!imageRUNNER ADVANCE C3520F II

キャノンの最新機種!
まず紹介するのが、キャノンの「imageRUNNER ADVANCE C3520F II」という機種です。2017年3月に発売された最新機種で、A4サイズに対応しています。

この複合機の特徴としてまず挙げられるのが新開発「内蔵シフトソーター」です。

シフトソートというのは、複数部コピーする際にずらしながら排紙することによって一部ずつ仕分けをする機能のことです。この「内蔵シフトソーター」によって、従来の機種ではフィニッシャー接続時のみ使用が可能であったシフトソートを常に使用することが可能になりました。

低コストで使用できるため経費削減も期待できます。また従来機種のタッチパネルが7インチだったのに対し、本機種では「10.1インチタッチパネル」が採用されています。そのため操作も非常に簡単です。フリックや、ピンチイン、ピンチアウトにも対応しているため、スマートフォンのような感覚で扱うことができます。

この他にも、「アドバンスドボックス」と呼ばれるハードディスク領域が採用されているのも特徴の一つです。「アドバンスドボックス」ではFAX受信文書の保存のみならず、PCからファイルを操作することが可能となっています。このようなファイル共有は業務を大幅に効率化させるに違いありません。

2.外出先でも使用可能!DocuCentre C2000

外出先でも使用可能!
富士ゼロックスの複合機の最新機種は「DocuCentre C2000」というものです。

フルカラーコピーが可能で、A3からA5までの用紙サイズに対応しています。この機種の最大の特徴はオフィス外でも使用することが可能だという点です。「Print Utility」というアプリを利用し、モバイル端末からWi-Fi接続された複合機に印刷したり、原稿をスキャンして取り込むことができます。

Google Cloud PrintTM」「Mopriaプリント」を利用することも可能です。またクラウドサービスにも対応しています。複合機を利用してスキャンしたファイルを「Cloud Service Hub」経由でクラウドに保存することが可能であるため、ファイルの共有が非常に簡単です。

また、クラウドに保存したファイルはどこでも閲覧が可能なため、オフィス外でも確認することが出来ます。更に、FAX受信文書を電子メールで自動転送することも可能です。外出先や休日でも即時的にFAXを確認することが出来るため、円滑に業務を行えるようになるでしょう。

高画質で文字のがたつきを防ぐ機能も搭載されているため、モバイル端末からだと文書が読みにくいということもありません。

3.高い生産性が魅力!RICOH MP C307

リコーの最新複合機は「RICOH MP C307」という機種です。

この機種の魅力は何と言っても生産性が高いところでしょう。A4カラー複合機にも関わらず、A3カラー複合機と同様の低融点トナーを採用しています。また、スリープモードからの復帰時間も8.3秒と非常に短いため使用したいと思った瞬間に使用することが可能です。

標準消費電力量も1.1kWhと非常に小さく、環境にも優しくなっています。また高速出力も特徴の一つで、片面両面同速1分あたり30ページ印刷することが可能です。1枚目の印刷が始まるまでの時間も非常に短く、モノクロだと7.2秒、カラーだと8.6秒となっています

「1枚しか印刷しないのに待たされる」という不満の解消だけでなく、業務効率化も期待できるでしょう。コピーだけでなく、スキャン速度も非常に速く、1分あたり40ページのスキャンが可能です。

リコー独自の画像処理技術も組み込まれているため、速いだけではなくモアレやざらつきを抑えた高画質のスキャンが可能になっています。1ページのデータを最大9枚の用紙に分割して印刷することも可能であるため、簡易的なポスターの作製も出来ます。本体もコンパクトサイズなので小さなオフィスにもおすすめです。

4.まとめ

このように、複合機は機能の充実した最新機種が非常に多く存在しています。どれも同じように感じるかもしれませんが、実際には違いが沢山あるのです。低コストや印刷速度が高速なもの、利便性の高いものなど、機種によってその特徴は様々です

そのため、本当に自分たちに合った複合機はどういったものなのかを見極める必要があります。新たに購入したりリースしたりする際には、出来るだけ多くの情報を集めて選ぶようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です